ipf.logが大きくなってきた

ipf.logはFreeBSDで使っているIPフィルタのログファイル名ですが、特になにも気にせず放置してたら500MB超えていました。折角/var/log内に置いているファイルだしシステムでローテーションしようと方法を検索。

下記のページがヒットしました。なるほどnewsyslog.confで設定するんですね。

NetBSD3.0 i386 の /etc/newsyslog.conf について
http://rabbit-kernel.hp.infoseek.co.jp/it/newsyslog/

とりあえず次の一行を追加
/var/log/ipf.log             600  5     *    $D0   Z

/var/log/ipf.logを「権限600」で「5世代」、「サイズ制限なし」で「毎日0時」だと思います。最後のZはなんでしょう?また日付が変わったらちゃんとローテーションできたか様子見です。

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

無線LANのカーネルモジュールはif_wi.ko

# kldstat
Id Refs Address Size Name
1 7 0xc0400000 6f6544 kernel
2 1 0xc0af7000 59f20 acpi.ko
3 1 0xc3fad000 16000 linux.ko

もしかして、一昨日ndisドライバの組み込みに失敗してコア吐いたのはif_wiが入ってないから?
まだまだ試す余地はありそうだ。(でも内蔵無線LAN計画も進めたい)

と思ってカーネルにロードしようとしたら
# kldload if_wi
kldload: can’t load if_wi: File exists
既にある見たい。

おまけ:
折角なんでサウンドドライバをロード
# kldload snd_driver

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

無線LANを使いたいのだが…

引き続きクライアントFreeBSDの設定。
こちらは無線LANに対応させたいのですがPlanexのGW-NS54Gを使おうとしたがドライバがない。
この場合WindowsドライバーがNDIS準拠であればラッパーを作成して使えるらしい。

早速最新ドライバーをダウンロードして必要ファイルを抜き出し下記コマンドを実行しました。
# ndiscvt -s N54GNDS.sys -i N54GNDS.inf -o ndis_driver_data.h
Segmentation fault (core dumped)

…………………………。コアダンプですか。N54GNDS.inf内ではN54GNDS.SYSと書いていたのでsysファイル名を変えて再チャレンジ
# cp N54GNDS.sys N54GNDS.SYS
# ndiscvt -s N54GNDS.SYS -i N54GNDS.inf -o ndis_driver_data.h
Segmentation fault (core dumped)

だめだ…。
別のバージョンのドライバーなら使えるかなー?(用意した最新はVer.1.1)
いまさら11MBPSなんて買いたくないし、一応X24にはCFがあるのでzaurusと共用で使うという手もありますがZaurus用のCF無線LANは故障で廃棄。CFタイプは結構高いしまた買うのも…。

他の古い3バージョンでも他のサーバのFreeBSD(バージョンは同じ6.2)でも全部コアダンプでした。orz
PCMCIAの11Mは探すのも大変だしZaurusと兼用ということでCF無線LANカード買うしかないのか。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?