IOSデベロッパプログラム更新 2016年版

本日、デベロッパープログラムを更新したので報告。

1. Apple ID で Member Center にサインイン

下記URLに更新の概要とMember Center へのリンクが貼ってあります。

プログラムの更新 – サポート – Apple Developer
https://developer.apple.com/support/renewal/jp/

2. 「renew your membership」をクリック

「renew your membership」のメッセージは更新期限が近くないと出ないと思います。
2016/3/3 時点での更新料金は 11,800円(税込12,744円)。
そのまま進んで行けばお支払いのページまで行けます。

3. 支払い
クレジットカード払いならセキュリティコードを入れて決済完了。

4. Apple Developerからメールが届く

件名が「Thank you for purchasing an Apple Developer Program」のメールがすぐに届きます。
メールの内容にはアクティベート日と更新後の期限が書かれています。
更新なのでアクティベート日は現在の更新期限と同じ日になります。

アプリを作ってないから(いつ作るんだ?)というのもあって忘れがちな更新ですが、今年はギリギリ更新に間に合いました。
これまでの履歴としては

  • 2013年登録
  • 2014年更新
  • 2015年失効後に更新
  • 2016年更新

通知の比較としては2014年更新と比較になるのですが毎年フォーマットが変わっているので来年はまだ若干かわっているかも。

記憶の範囲ですが、2014年は全て英語ページ。2015年以降は概要ページ・決済画面以降が日本語ページになっていました。

今回は決済時に登録情報の修正が不要だったので比較的に楽でした。今時は開発用と個人用のApple IDは分けなくても不便はなくなったのかな?(昔はデベロッパープログラムの決済情報は英語で登録する必要があって、逆にiOSやOS Xを日本語で使用する場合は決済情報を日本語でしか登録できなくて面倒でした。)

iOSアプリの価格表示にあるプラス記号は何?

app
iOSアプリの価格表示部分にあるプラスですが、最初はApp内課金のことだと思っていました。
でもよく見ると「App内での購入あり」の表記と+記号が一致していないアプリもあったりしてどうやら違う意味のようだと思いググってみましたら、なんとユニバーサルアプリの表示でした。
・・・すごい分かりにくいです。

確かに、iPhoneアプリでもiPadで動作するものであれば互換性のところに表記が入っていて見分けがつかないことが有ります。

iPhoneアプリまたはユニバーサルアプリでの互換性の表記
「iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。iPhone5 用に最適化済み」

iPad専用アプリでの互換性の表記
「iOS 7.0 以降。iPad 対応。」

iPadでは基本的にiPhoneアプリを動作させることができるので大体上記の2種類に集約されます。
つまり説明文だけではユニバーサルなのかどうかがわからないからプラス記号で表現のようです。だったらUって書くか「App内での購入あり」の部分に「ユニバーサルアプリ」って併記してほしかったな。。。

App Storeのレビューで本名を出さない方法

レビューしたこと無いけどこれは設定しておいたほうがよさそうですね。

iTunesを起動。
iTunes Storeへアクセスして、左上の※自分のメールアドレスがあるボタンをクリック
またはメニューのStoreからアカウント(※自分のメールアドレス)を表示
設定の欄にニックネームの項目があります。

「新しいカスタマーレビューを投稿する、またはこれまでに匿名で投稿したレビューを再投稿するには、ニックネームを作成してください。」

と書いてありました。

その横に「ニックネームを作成する」のリンクがあるのでそれをクリック。
一度設定すると上記のメッセージはニックネームに、リンクは「ニックネームを編集する」に変わりました。

情報元:ライフハッカー
App Storeのレビューでニックネームを設定する方法

iOSデベロッパプログラム更新 2013年版

昨年に初めてiOSデベロッパプログラムのメンバーシップに登録したのですが、更新が近くなったので更新方法を探してみました。

実は更新が近づいたら通知が来るものだと思っていたら期限一ヶ月を切っても来ない!これはどうしようと調べたところ古い情報が検索されて、ちょっと違う?みたいな感じになりましたが、現在2013年末〜2014年初現在では以下のページの案内で更新出来ました。

Program Renewals – iOS Developer Program – Support – Apple Developer
https://developer.apple.com/jp/support/ios/program-renewals.html

タイトルは英語ですが、日本語で表示されたので心配はないと思います。決済手続きが完了すると24時間以内にアクティベーションの案内が届きますので、メール本文のリンクからジャンプしアクティベーションを完了すれば手続きは完了です。

失念してたのですがCertificatesは期限が別なのでこれも新しい期限で作り直しが必要のようです。(まだ着手してないです)

まだ一つもアプリ作って無かったりするので結構グダグダな更新になってますが今年こそは!と気合入れて行きたいと思います。

iPhoneアプリでUpside Downを有効にする

582587_443897552347814_1766475393_n

iOSアプリで画像の様にUpside Downも有効にすれば逆さにした時に回転するだろうと思ったらiPhoneアプリでは何故か無反応。iPadアプリの方は設定通り回転します。

どうやら回転の判定方法にマスクがかけてあって
iPadは
「UIInterfaceOrientationMaskAll」
だけどiPhoneは
「UIInterfaceOrientationMaskAllButUpsideDown」
で下向きだけ反応しないようになっているようです。

それでは下向きで回転したい場合はどうするかというと
ViewController.mに以下を追記すると下向きも反応するようになりました。

– (NSUInteger)supportedInterfaceOrientations{
return UIInterfaceOrientationMaskAll;
}

 

iPhoneがフリーズしたら

持っているのはiPod touchですが、「設定」でメール設定を行っている最中に設定を閉じたら、設定が開けなくなった。何度試してもダメ。電源切ってもダメ。だったので強制シャットダウンを2回程やったら復帰。

その方法は、ホームボタンとスリープボタンの10秒同時押しでした。
画像つき説明はは以下URLより
iPhoneがフリーズした時に強制終了リセットコマンド [豆知識] – アイフォマニア(iPhoMania) ~iPhone情報配信サイト~