Face ID 搭載の iPad Pro 発表

本当は iPad mini も出て欲しかったけど iPad Pro でも十分、iPad は基本室内で使うからフルフェイス被ってて Face ID が使えないなんてこともないし、元々ゼスチャーでホームに戻れたからホームボタンいらないと思ってた。 USB-C 採用も嬉しいですね。

TrueDepth カメラを使ったアプリは試したくてしょうがないので、初代 iPad Pro から買い換えるかも。ただ外形が変わるので Smart Keyboard も買い換えることになるし新しい Pencil も欲しいので合計価格は覚悟いるな。

App Store が更新されたら技術仕様を確認しますが Face ID が横向きで使えるかどうかでサイズを決めようかと思う。横向きで使えるなら12.9インチ、使えないなら11インチにする予定。

と記事書いているうちにストア更新されましたね。11インチが89,800円から、12.9インチが111,800円からですが今持ってるのが128GBだから256GBにしようかな。今日注文すればお届け予定日が11月7日みたいです。

すぐに手に入らないなら Face ID の仕様についてしばらく情報を集めてからサイズ決めます。

追記:見積もってみた
Cellular 256GB + Smart Keyboard Folio + Apple Pencil (第2世代)
12.9インチの場合 197,748円(税込)
11インチの場合  170,748円(税込)

Cellular 256GB + Smart Folio + Apple Pencil (第2世代)
12.9インチの場合 185,868円(税込)
11インチの場合  159,948円(税込)

TrueDepth カメラを使ったアプリを使いたいだけだとこれは本末転倒。予備機の iPhone 6s を iPhone XR に買い替えた方がいいレベル。

iPad mini 2 がカクカクでバッテリーの寿命もあまり残ってなくて手放したので、やっぱり Face ID 対応した iPad mini 出して欲しいな。

追記2:
横向きでも Face ID 使えるようです。12.9インチに決定ですが約20万円ですか・・・。初代でも Pencil 充電以外の不満はないのでもうあと2年くらい我慢するかなぁ・・・メッチャ欲しいけど。

 

GoPro HERO7 は4K60fpsでもHyperSmoothが使える。

(写真は HERO5 session と HERO6 です。)

発売から約1週間経ち、試用レビューも出てきました。4K60fpsで検証している人は少なくHERO6との比較に終始している割合が多いのですが、HyperSnoothを4K60fpsで使えるとの情報があり一安心。

マイクは性能が良くなったようでかなり音が良くなっていますね。

じゃあHERO7を買うのかと言うとHEVCをまともに再生・編集できるPCがないし、あまり撮り溜めもできないのであと1年はHERO6かな。

iPhone XS Max買おうか悩む

現在iPhone 7 Plusで通知地獄に悩んでます。Watchから通知されるだけまだマシなのですが、通勤や業務に関連する通知とプライベートの通知を分けたい。単純なのは2台に分ける事ですが、2台目をiPhone XS Maxにしてゲームやカーナビをそっちに移したいのですが何せ価格が高い。もう1年我慢かな。

そして初代Apple Watch。既にwatchOS5が入らないので買い替え時ですが目的が健康管理のためSERIES 4は心電図機能について当局の許可が下りるまで待とうと思います。

本日発売されたGoPro HERO7 Blackは4K60でシンバルが不要か人柱情報待ち。

4K60にこだわってるくせに実はHEVCに対応したMacと4Kディスプレイを持っていないと言う。動画編集用にiMacが必要なんだけど今年はまだ出ていないので新製品発表待ち。

今日発表されたOculus questはアメリカでも来年春発売だし国内の販売はいつになるか分からないから気長に待とう。

上記の欲しいものを全て買ったら約60万円か。。。

HERO7が発売されたけど GoPro HERO6 Black + Karma Grip を紹介

本日はHERO7が発売されるので、比較参考のためHERO6を実際に使って判明した仕様を紹介します。(写真はHERO6 Black、Karma Grip、別売りの延長コード、追加バッテリーとチャージャー)

・ビデオ安定化
HERO7はジンバル不要なんて噂されてるけど、4K60で撮影するつもりなら買う前に必ず実機の設定を確認しましょう。HERO6は4K60ではビデオ安定化が使えない仕様なのだ。HERO7も最大4K60なのでビデオ安定化が使えるのか確認しておいたほうが良い。1080pで使うならその心配は無いのでHERO7を買うべきだ。

・ジンバルは不要になるのか
ジンバルは手ぶれ防止と言うよりカメラを水平に保つためのものなのでちょっと目的が異なる。だから使用目的によってはジンバル不要とは言えないのでドローン撮影っぽい感じを出したいなら必要だと思う。

・Karma Gripのデメリット
防水性がなくなるので雨の日に使えない。大きくて重い。HERO7が4K60でもビデオ安定化が使えるなら購入を検討しよう。

GoPro HERO5 session とネックマウント

GPSや4K60には対応していませんが、ネックマウントと組み合わせて使うと歩きも自転車でも気軽に装着できるウェアラブルカメラに変身します。チェストマウントだと大げさで恥ずかしいと言う人にもオススメ。

GoProアプリから映像をモニタリングやビデオのダウンロードすることもできるし、音声コマンドを使ってビデオ停止したり電源を切ることもできるのですごく便利です。

また首の部分はブレの少ない部分でもあるので取り付け場所に最適です。

FPS(1人称視点)で首への干渉がないものはほとんど撮れます。ウォーキング、ランニング、サイクリング、モトブログ、クッキング、ハンドガンシューティングあたりが最適だと思います。

STEELSERIES NIMBUS

以前、手のひらに収まるSTRATUSを紹介しましたが、こちら紹介していませんでした。初代iPad Pro や Apple TV 第4世代 を購入した時期と重なるので2015年末かな。

主にレーシングゲームを遊ぶために買ったのですが、傾きセンサーがないのでハンドル操作が微妙なんですよね。

結局iPad ProでレーシングゲームをしなくなるしApple TV は標準コントローラーのほうが良いって事になって使わなくなってました。

それがOculus Goで使える事が分かり早速コントローラー専用ゲームを試してみましたがスティックの上下が逆に操作されてまともに操作できない。レーシングゲームなら上下の操作はないだろうとSBK VRも試しましたがバイクの傾きがスティック操作なのでやっぱりやりづらい。

傾きセンサー付きのゲームパッドで対応しているのでないかな。

Oculus Go 衝動買い

当ブログのテーマとしてはVRは想定の範囲外でしたが、Oculus Go は単体で遊べるので、モバイルガジェットとして書きます。

VRはもともと興味があり、ずっと欲しかったのですがWindows PCを持っていないとかPS4持っていないと言う理由で躊躇していました。まさかスタンドアロンで動くVRがあるなんて知らなくて、Oculus Go を見つけ次第速攻ポチりました。iPhone XS の発表の翌日の事です。

VRはまだ一般的じゃないのか全体的にソフトが少ないのですが、iPhoneでよく遊んでいた Smash Hit や Shooting Showdown 2 があったのでひとまず安心でした。また、Oculus で見つけたゲームで RUSH や Daedalus はとても没入感がすごいです。

3D のスマホゲームはそこそこ移植されてるみたいですが Temple Run のように強制的に方向転換させられるのは3D酔いしやすくて無理でした。

これを外に持ち出すかと言うと、VR未経験者にネタでもっていくのは良いと思います。屋外で使うのは危険すぎるのでまずないです(笑)

Apple Watch SERIES 4 をすぐに買うべきか?

9/19時点の出荷予定日は下記の通り。

ケース バンド モデル 40mm 44mm
シルバー
アルニウム
ホワイト
スポーツバンド
GPS 3〜4週間 3〜4週間
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
シーシェル
スポーツループ
GPS 3〜4週間 3〜4週間
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ゴールド
アルニウム
ピンクサンド
スポーツバンド
GPS 3〜4週間 3〜4週間
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ピンクサンド
スポーツループ
GPS 3〜4週間 3〜4週間
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
スペースグレイ
アルニウム
ブラック
スポーツバンド
GPS 3〜4週間 3〜4週間
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ブラック
スポーツループ
GPS 3〜4週間 3〜4週間
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ステンレススチール ホワイト
スポーツバンド
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ミラネーゼループ GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ゴールド
ステンレススチール
ストーン
スポーツバンド
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ゴールド
ミラネーゼループ
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
スペースブラック
ステンレススチール
ブラック
スポーツバンド
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間
ブラック
ミラネーゼループ
GPS + Cellar 3〜4週間 3〜4週間

iPhoneより出荷が遅いということはこちらに予約が集まっているのかも。
GPS + Cellar は今年も大手3キャリしか対応していないので格安SIMな私はGPS一択。2台目としてはステンレスのミラネーゼループにしたかったのに残念。
心電図作成機能については国内の認証がまだのため、今買って大丈夫か不安があるので続報が出て使用可能であることが確定するまでは保留です。

iPhone XS / XS MAX の出荷状況

9/19時点ですが Apple サイトで確認した結果は以下の通り。
すべて出荷日1〜2週間ということは、例年に比べ機種変を保留したひとが多いのかなと感じます。理由はいろいろありそうですが、価格が高すぎて予算内では iPhone XR しか買えないとか、ホームボタンがなくなって絶望しているなどでしょうか。

製品名 カラー 64GB 256GB 512GB
iPhone XS シルバー 1〜2週間 1〜2週間 1〜2週間
iPhone XS スペースグレイ 1〜2週間 1〜2週間 1〜2週間
iPhone XS ゴールド 1〜2週間 1〜2週間 1〜2週間
iPhone XS MAX シルバー 1〜2週間 1〜2週間 1〜2週間
iPhone XS MAX スペースグレイ 1〜2週間 1〜2週間 1〜2週間
iPhone XS MAX ゴールド 1〜2週間 1〜2週間 1〜2週間

今回、私は買うかどうか様子見です。今は iPhone 7 Plus をメインに使ってますがすべてをこの一台に詰め込んだために電話やその他の通知が邪魔になることがあるので  iPhone XS MAX を買って用途で2台に分けようと思ってます。

iPhone 7 Plus ・メインの電話機として使用、SNSやメールもこちら
・Apple Pay や健康管理、 Watchとペアリングもこちら
・電子書籍、ニュースアプリ
iPhone XS MAX ・カーナビ利用メイン、SIMはSMS対応を使用
・ゲーム
・写真/ビデオ撮影

実際予約しているかといえばまだ予約していない。すでにiOS機器だけで5台使っているのでバッテリーがほぼ死んでる iPhone 5s とパフォーマン的に限界きている iPad mini 2 を登録解除してから買い足します。

iPhone 5s のバッテリーがもう限界

いつも充電しているのに、ケーブル抜いてしばらくすると突然シャットダウンするようになり慌ててケーブルさすとバッテリー切れの表示。実は同時期に買ったiPad mini 2 も充電しながらYoutube見てたらバッテリー切れでシャットダウンを起こした。

確かに2台とも充電したままなのでそれがいけないのか、寿命なのか。この調子だと新iOSで対応から外される前に使えなくなるかも。

手持ちのiOS機器のバッテリー消耗レベルを調べてみた

左上:iPad Pro 12.9、左下:iPad mini2、右上:iPhone 7 Plus
右下:iPhone 6s、真ん中下:iPhone 5s

単純に購入時期が古いものが消耗しています。例外としてiPhone 6sはバッテリーのリコールがあって1年ほど前に交換して、その後は予備機扱いにしているのでほぼ新品の状態です。

iPadについてはバッテリー消耗による意図的なパフォーマンス制限はしていないらしいですが正直iPad mini2 は動作の限界が来ているので時期iOSが出るまでには処分かな。

Apple Watch Series 3 発表

こちらも噂通り、Appleイベントで発表されました。

LTE対応でIPhoneなしでも電話やナビができるようです。GPSでトラッキングしているランナーにとってはiPhoneなしで走れるのは朗報ですね。

詳細は確認できていませんがApple Watch単体でSuica使えるなら、大手町乗り降りして、ドリンク買って皇居外周でGPSトラッキングしながらランニングがApple Watchだけでできるかも?

気になる点としてはMVNO対応ですね。iPhoneと同じ電話番号を共有する仕様なのでApple WatchはiPhoneと同じキャリアで契約する必要があります。大手3社は既にプラン発表していますが、MVNO各社から対応可能か情報待ちです。

買うかどうかですが、特に購入予定はないです。手ブラでスポーツするほどのめり込んでいるものはないし腕時計にお金かけない方なので、今使っている初代が壊れるまでは買い換えないと思う。

iPhone X 発表

2017年9月13日(日本時間)で行われたAppleイベントで iPhone 8 / 8 Plus / X そして Apple Watch Series 3 が発表されました。

とうとう iPhone X ではホームボタンがなくなりました。

Androidみたいにディスプレイ上にホームボタンがあるのかと思ったら、ホームボタンの存在自体が消えていました。

Apple Payの呼び出しやスクリーンショットを撮るときに必要だったため操作方法が大きく変わりそうです。

これが、ホームボタンがソフトウェアボタンになっただけだったらガッカリなところだったのでこれはこれでありなのかもしれません。

次に Touch ID が使えない代わりに導入される Face ID ですが、ドットプロジェクタ+赤外線カメラを使うため暗闇でも問題ないことはわかりました。Apple Pay の認証もスマートにできそうです。

ただセキュリティとして気になる点が2つでてきました。

  1. 寝顔で Face ID を突破されない?

    Touch ID 導入時でも子供が寝ているお父さんの指を使って Touch ID を突破したなんて情報がありましたが寝顔で突破されるともっと緩くなりそう。いや、起きていても声かけて振り向いてもらうだけでも突破されるかも。

  2. 誤操作誘導で不正にアプリ内課金されるトラブルは増えない?

    従来ならパスワード入力やホームボタンに指を当てる必要がありましたが、Face ID だと画面見てるだけでアウトになったりしないか?認証要求についてはほぼ回避方法がなさそうですね。アプリ内課金には購入意思を確認するため金額と質問が出ているのでそれさえ誤タップしなければというところでしょうか。

買いかどうかで言えば、現在 6 Plus / 6s Plus / 7 Plus を使っているなら画面サイズは変わらず筐体サイズが小さく、そして軽くなるのでありだとおもいます。充電速度は不明ですがワイヤレス充電にも対応したのでよく充電ケーブル破損させる人も検討の余地があるかもです。

今年、iPhone買うかどうかですが、欲しいのは山々ですが3年連続 iPhone 買うのはどうかと思いますので iPhone 7 Plus で不満が出るまでは我慢したいと思います。(約束はしない)

WWDC 2017 で iPad Pro 2機種発表

予ねてから10.5インチのiPad Proが発表されるという噂があり、実際に噂通り発表されました。

Appleサイトで外観と仕様を確認したところ9.7インチとあまり変わらないサイズ・重量で画面が大きくなっているので正当な進化だと思います。

もう一つの12.9インチ版は重量が軽くなったのは良しとして、外形のサイズが変わらないのにカメラの出っ張りができたのは残念。常時Smart keyboardつけてノートPCの代わりに使っているひとはあまり問題にしないかもしれませんが、ペンタブ代わりに使っているひとだと困ることもありそう。

画面解像度については2224 x 1668で9.7インチと12.9インチの間を取ってきました。ppiを変えなかったのはディスプレイの密度を落としたくないけどコストも上げたくないってところでしょうか。既存アプリのレイアウトへの影響は気になるところです。

iOS10.3アップデートを機に2ファクタ認証に切り替え

これまで2ファクタ認証を導入については不便によるデメリットの方が大きいと思いためらってましたが、iOS10.3では2ファクタ認証にしていないと設定アプリにバッチ表示されたりしてちょっと気になるため2ファクタ認証に切り替えました。

もう一つの理由としてiCloudのバッキング予告と同時期に自分のApple IDがロックされたというのもあります。Apple IDをロックしたのは便乗犯だと思いますが・・・。

早速ですが、2ファクタ認証について不安に思っている事や疑問を一通り試してみました。

  1. iPhone実機で2ファクタ認証を求められたら?
    iOSアップデートの時:同じApple IDで使用しているiOS機器があれば、2ステップ認証と似た感覚でコードを受信できます。
    通常使用時にiCloudへログイン:SMSでコードを受信後、自動入力され認証が完了します。
  2. SMSを受信しない他のiOS機器で2ファクタ認証を求められたら?
    同じApple IDで使用しているiOS機器があれば、2ステップ認証と似た感覚でコードを受信できます。もしなくても指定したSMSが受信できる機器にコードが送信されます。

以上より、2ファクタ認証にしていても複数のiOS機器を持っていればiPhone無くしてもMacやiPadからiCloudにログインしてiPhoneを探すことができるので一安心しました。

次にアカウントロックの対策ですが、常々不安に思ってたことで現実にやられたので直ぐに対策を打たなければならないのですが、世間で「パスワードを使い回すのは危ない」と言われる以上にアカウント名の使い回しの方が危ないことがあります。

理由としてはメールアドレスをログインアカウントにしているシステムだと、サービスごとにメアドの準備ができなくて使いまわすこともあるし、普段連絡に使用しているアドレスなら自ら公開しているのと変わらないので簡単に狙われてアカウントロックやパスワードの初期化をされかねないのです。

AppleもGoogleもFacebookもAmazonもTwitterも全て当てはまるのですが、2ファクタ認証導入する前にメアドでログイン認証やめろと言いたい。

メアドでログイン認証する困ったシステムに対しては、認証専用のメアドを各々用意しますがさすがに全部メアドを分けると受信箱が増えすぎて困るので影響度でグループ分けします。

  • 影響[大](直接金銭被害を受けるもの)
    メアド認証の場合はそれぞれ認証専用のメアドを発行します。
    アカウント名認証でメアド非公開であれば1つの認証メアドにして+記号による振り分けで妥協。
  • 影響[中](金銭被害は無いが、情報流出されると困るもの)
    メアド認証の場合はそれぞれメアド発行する。
    アカウント名認証でメアド非公開であれば1つの認証メアドにして+記号による振り分けで妥協。ただし上位グループのメアドは流用しない。
  • 影響[小](金銭被害も、流出される情報もないもの)
    1つの認証メアドにして+記号による振り分けで妥協。ただし上位グループのメアドは流用しない。

一応+記号を使って全てのサービスについて別のメアドということにしてますが、もしかしたら+記号削って不正ログインされる可能性もあるので+記号を登録に受け付けないサービスの場合は別のメアドを発行することになります。あとはスパムメールが+記号を削って送られたら流出元のサービスが特定できないというのもありますがそこは管理コストも考慮して妥協するところかなと思います。