Perlをソースからインストール

まず、ココを読まれた方にお伝えしたいことがあります。
Perlはソースからインストールするメリットがわかりません。
特にカスタマイズするものではないので特にソースコンパイルに興味が無ければパッケージからインストールしてください。

今回のサーバー構築はスペック的にも厳しいものがあるので、使わないサービスは一切入れないこととパッケージインストールはせず意地ででソースコンパイルという名目もあるので、Perlもソースからコンパイルします。

Perlはhttp://www.perl.com/CPAN/src/より入手。実はWindowsからpscpを使って転送しました。

コンフィグ
./Configure

コンパイル
make

インストール
make install

これだけだと超カンタンに見えますが、実はコンフィグが対話式で沢山の質問に対してyesかnoで答えなければいけません。あまりに面倒なのでデフォルトでいいやと[Enter]連打したら…。

> cd /usr/local/bin
> ls
a2p5.9.2 h2ph5.9.2 perldoc5.9.2 pod2text5.9.2 s2p5.9.2
c2ph5.9.2 h2xs5.9.2 perlivp5.9.2 pod2usage5.9.2 splain5.9.2
corelist5.9.2 instmodsh5.9.2 piconv5.9.2 podchecker5.9.2 xsubpp5.9.2
cpan5.9.2 libnetcfg5.9.2 pl2pm5.9.2 podselect5.9.2
dprofpp5.9.2 perl5.9.2 pod2html5.9.2 prove5.9.2
enc2xs5.9.2 perlbug5.9.2 pod2latex5.9.2 psed5.9.2
find2perl5.9.2 perlcc5.9.2 pod2man5.9.2 pstruct5.9.2

ちょっとまて─────!
こんなんじゃ使いにくいだろボケ───!

という事でやり直しです。 orz…

PAM: authentication error

リモートでSSHログインが出来ないから、BSDマシンがDHCPだとダメなのか?hosts.allowに書いてないとダメなのかとやってみましたが、実はローカルでやってもダメだった。そこで出たエラーが

PAM: authentication error

何ですかねこれ?

ググッてみたらこの文章。
Note: The configuration defaults for sshd(8) have been changed. SSH
protocol version 1 is no longer enabled by default. In addition,
password authentication over SSH is disabled by default if PAM is
enabled.

翻訳したらこうなる。
注意: sshd(8)のための構成デフォルトを変えました。 セキュアシェル (SSH)

プロトコルバージョン1はデフォルトでもう可能にされません。 さらに、PAMが
有効にされるなら、SSHの上のパスワード認証はデフォルトで無効にされます。

何ー!?仕様変更でパス認証が無効になっているのか?

/etc/ssh/ssh_config内において
PasswordAuthentication yes
を有効にした時点でサーバー自身からsshログインは可能になった。
さらに、/etc/ssh/sshd_configも同様に設定すると、リモートからログインが出来たーー!!