MacBook Air も Retina ディスプレイ対応へ

Retina 対応されずフェードアウトするかと思ってたら久々のリニューアル。MacBook が微妙に高いので新型 MacBook Air を待ってた人は多いかと思います。スペック的には Touch Bar なしの MacBook Pro 13インチと被りますが性能に不満はなく、とにかく安く軽いのが欲しいのなら最前の選択だと思います。Touch ID はついてるしね。

私は2012年モデルの MacBook Air を現役で使ってますが主な用途がメール、サイトブラウジング、テキスト編集、ターミナル操作ぐらいしかなく、最新の macOS Mojave にアップグレードしてもサクサク動くので最新OS非対応になるか、バッテリーの寿命含め故障でもしない限り買い替えはなさそうです。

むしろ動画編集に使い始めた2015年モデルの MacBook Pro が HECV(H.265) に非対応のため 4K対応の iMac に買い換えようかなと思ってるところです。それかTVを4Kにして新型 Mac mini 買うのはどうかな?

Macで音声入力する。

MacにSiriが搭載されて久しいのですが、iPhoneみたいにテキスト入力でも使いたくて調べてみました。一番簡単なのはSiriに「音声入力をオンにして」と言うだけ。

初めてONにしたせいか、Fn+Fn押しても拡張音声入力機能のダウンロード待ちになったので実際に試すのはもう少し後になりそうです。

詳細な設定方法はAppleサポートで紹介されています。
https://support.apple.com/ja-jp/HT202584

WordPressにzipファイルをアップできなくなっている件

Safariからzipファイルを自動解凍しないようにしましたが、今度はzipファイルがアップロードができない。旧ブログで再アップもできないのでいつかのバージョンアップの際、禁止されたのかな。

この件については、あまりWordPressに変更を加えてメンテナンスの手間を増やしたくないので、サーバの余剰領域を使ったアーカイブサイトを検討します。

WordPress側で対処する方法については下記のページで紹介されています。

【WordPress】セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。

MacのSafariでzipファイルを自動解凍しない方法

ただいま、旧ブログから自動インポートできなかったzipファイルなどをダウンロードしていましたがSafariだとzipファイルが自動解凍されてこの場合帰って都合が悪いので設定を見直しました。

Safariのメニューから[Safari]-[環境設定]で設定画面を開き、[一般]の一番下にある、『ダウンロード後、”安全な”ファイルを開く』のチェックを外せば自動解凍されなくなります。

サイト移転完了のお知らせ

SSLサイト推奨に従い、blogドメインもSSL化を検討していましたが、手間を含めた管理コストを考えた結果、メインサイトのドメインに移行と言う形になりました。

ただ、このブログは過去にメインサイト統合を1回やっているため主にLinux関連の記事が重複しています。

今後は技術面のネタはメインサイトで紹介しクリエイティブなネタやコンテンツについては本ブログで紹介していきます。

各ブログの守備範囲についてはメインサイトで別途紹介したいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

IOSデベロッパプログラム更新 2016年版

本日、デベロッパープログラムを更新したので報告。

1. Apple ID で Member Center にサインイン

下記URLに更新の概要とMember Center へのリンクが貼ってあります。

プログラムの更新 – サポート – Apple Developer
https://developer.apple.com/support/renewal/jp/

2. 「renew your membership」をクリック

「renew your membership」のメッセージは更新期限が近くないと出ないと思います。
2016/3/3 時点での更新料金は 11,800円(税込12,744円)。
そのまま進んで行けばお支払いのページまで行けます。

3. 支払い
クレジットカード払いならセキュリティコードを入れて決済完了。

4. Apple Developerからメールが届く

件名が「Thank you for purchasing an Apple Developer Program」のメールがすぐに届きます。
メールの内容にはアクティベート日と更新後の期限が書かれています。
更新なのでアクティベート日は現在の更新期限と同じ日になります。

アプリを作ってないから(いつ作るんだ?)というのもあって忘れがちな更新ですが、今年はギリギリ更新に間に合いました。
これまでの履歴としては

  • 2013年登録
  • 2014年更新
  • 2015年失効後に更新
  • 2016年更新

通知の比較としては2014年更新と比較になるのですが毎年フォーマットが変わっているので来年はまだ若干かわっているかも。

記憶の範囲ですが、2014年は全て英語ページ。2015年以降は概要ページ・決済画面以降が日本語ページになっていました。

今回は決済時に登録情報の修正が不要だったので比較的に楽でした。今時は開発用と個人用のApple IDは分けなくても不便はなくなったのかな?(昔はデベロッパープログラムの決済情報は英語で登録する必要があって、逆にiOSやOS Xを日本語で使用する場合は決済情報を日本語でしか登録できなくて面倒でした。)

Xcodeに関する投稿はメインサイトに移管しました。

本日、メインサイトにてXcode6やSwift、Metalについての投稿(ブログ記事としては最初の投稿)を行いました。
これまで開発系はこちらのサブサイトで投稿していましたがメインサイトがC言語サイトなのでXcodeに関する投稿は今後メインサイトへ投稿します。

こちらのサブサイトはC言語成分が無くなるだけでウェブ系、DTM、PCネタ、OSに関する事もろもろはこちらで書き続けます。
最近投稿がないのは家であまりPCを使わなくなったからとか。。。

そでれは引き続きよろしくおねがいします。

GMailを二段階認証に換えたらiCalの同期とAppleTVのYoutubeが見れなくなった時の対処法

先日のHeart breed騒ぎでGMailのパスワード変更は行ったほうが良さ気だったのでついでに二段階認証を導入してみたのですがちょっと困ったことに、iCalでカレンダーの同期エラー、AppleTVでYoutubeのログインエラーとなってしまいました。この2つはに段階認証に対応していないようです。

この場合の対処方法ですが、Googleでは二段階認証に対応していないアプリ向けにワンタイムパスワードによる認証を提供しています。2stepauth1

 

Googleアカウントのセキュリティの項目に「アプリ パスワード」がありますのでこの項目の設定をクリックします。

途中、パスワードの再確認の画面がでますがここはGMailのパスワードを入れて進みます。

2stepauth2上の画像と同じページが見えたら、名前欄に自分で分かるように適切な名称を入力して「パスワードを生成」をクリックします。

この次のページに出てきたパスワードをAppleTV上でYoutubeのパスワードとして入力し認証完了することで使えるようになります。

iCalに関してはAndroidからiPhoneに機種変後Googleカレンダーに予定を入れてなかったので同期をやめました。

 

 

GMailで指定時刻にメール送信する方法

前々から欲しかった機能ですがスプレッドシートのマクロで実現している方法を見つけましたのでほぼ転載ですが紹介します。

1.Gmail Schedulerシートのコピーを取得

ここをクリック

2.タイムゾーンの設定

Gmail Schedulerシートを開いている状態で、シート上部にあるメニューの[ファイル]ー[スプレッドシートの設定]をクリック

3.シート上部にある「Gmail Scheduler」→「Step 1: Authorize」をクリックしてスクリプトを承認させる。

4.再度「Gmail Scheduler」→「Step 2: Fetch Messages」を選択して、下書きをインポート。

5.Dカラムに送信する日付と時刻を設定。

6.「Gmail Scheduler」→「Step 3: Schedule Messages」を選択すれば予約完了です。送信予約されたら、「Status」の欄に「Scheduled」と表示されます。

参考:
送ることが分かっているなら。「Googleスプレッドシート」を使ってGmailを予約送信する方法 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2014/04/140410gmail_scheduling.html

IDFAの使い方の規則変更

Appleのデベロッパに広告識別子の規則遵守が義務化, 違反者はApp Storeから拒絶される
http://jp.techcrunch.com/2014/04/12/20140411apple-developers-must-now-agree-to-ad-identifier-rules-or-risk-app-store-rejection/

なるほど、よくわからん。。。
とりあえず広告を付けたアプリを配信するならちゃんと読んでおく必要がありますね。