「cycro」インフラ不要のBluetoothチャット

FireChatがインターネットでユーザ登録を要求するようになって以降、代わりになるツールを探していましたらやっと見つけました。

cycro

アプリ名は「cycro」。iPhone版とAndroid版が公開されています。

アプリ起動後すぐにBluetoothで自分の周りで同じアプリを起動しているiPhoneやスマホとチャットができます。

見た目も今時のチャットツールっぽくて、自分のプロフィール写真と名前の設定だけで認証やログイン等は不要です。

チャット相手は探索で見つかった相手の端末と1対1での通信と、全体でのチャットが可能です。
グループを作ったりというのは今のところ可能かどうか分かりません。
またメッシュネットワークに対応しているそうですがそこはまだ検証できてなくて、中継先の相手と1対1のメッセージ交換ができるかどうかまでは検証していませんが可能性があります。

チャット内容もメッセージだけでなく音声や写真も送れます。
一箇所に沢山人が集まる場所で非常に有効なツールです。

  • イベント会場など公共インフラが枯渇しやすい場所での連絡ツールとして
  • 教室などクローズな環境でメッセージ共有ツールとして
  • 災害でインフラが停止したときの避難所内の連絡など

なお、FireChatのようにWi-Fi経由の通信は使用していませんので1台だけでは何もできないです。そこは割りきっていて良いのですが使い方はわからない人や検証できる環境がない人が低評価しているのは残念です。逆にインターネットに繋がってしまうと何らかの規制を受けて本来の利用ができなくなるリスクがあるほうが問題なのでこれでよいと思います。

ただ、このツールはインフラが使えなくなってからアプリ入手というわけにはいかないので平常時に普及させないと意味がありません。FireChatはそれでインターネット上の相手とチャットできるようにしたのが後で問題になったのだと思います。例えばcycroのレーティングは4歳以上ですが、FireChatは12歳以上になっていますしFireChatは後からメールアドレスの登録と認証が追加されてしまいました。これではインフラなしで使えないですね。本末転倒。

どうやって普及するかというのは課題ですね。防災アプリと連携する(技術協力する)とか、プリインストールアプリにする等でないと難しいかな。

今年の期待

1.ハンディ電信への期待。

今、最も理想に近いのはID-51(Plus)ですね。Bluetoothが搭載され、RS-MS1AがiOSで出たら文句なしです。即買です。・・・と昨年も言ってました。
なんていうか普段自宅からだとVHFは人がいないし、UHFは運ちゃんらしき無線しか聞こえないんですよね。。。DVモードでレピータ接続だと通信相手に困らないかもという期待もあったりします。

ID-5100に期待
http://blog.c-production.com/ham/?p=92

2.FireChatに代わる公共インフラを使わないチャットソフト

FireChatについては災害時の避難所等で活躍すると思ったらまさか香港の学生デモで注目されました。これなら携帯インフラを遮断されても使えるという点では頭良いのですが、知らない間にFireChatが会員登録必須になってる。これ本末転倒じゃないかな。インターネット中継機能なんて積まなければ良かったのに。。。

本日より新しいアマチュアバンドプランが施行されます。

あけましておめでとうございます。2015年も既に5日になってしまいました。

今年もQSOパーティには参加できてなくて悶々とワッチしてました。
ビューローでカード交換の方が多数なのでJARL会員じゃ無いと相手に失礼になっちゃうのかな。。。なんて思ったり。コンテストは電信でやりたいと思いつつ敷居が高いのが難点。
CWが使える機器やアンテナ、そしてCWの多い周波数を考慮すると徒歩で持ち歩くレベルじゃなくなるし散財具合が酷くなるしで「そこまでしてCWやりたいのか?」とふと冷静になるの繰り返しです。テキスト通信ができれば良くてCWに拘る理由が無かったりしてます。

本題ですが、平成27年1月5日付けで新しいアマチュアバンドプランが施行されますのでご注意下さい。区分自体は475kHz帯が追加された以外特に目立ったものは無いと思います。

注意点としては非常通信周波数の変更やデジタル用の呼出・非常通信周波数が追加されているところですね。誤ってこの周波数でラグチューしないようにしましょう。

アマチュアバンドプラン(JARL)
https://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/A-3-0.htm

ちなみにVX-8Dのエマージェンシー機能が使う周波数の初期設定は433.3MHzでデジタル呼出と重なるので変更が必要です。

デジタル用に呼出周波数が別れたという事はそれだけ普及しているということなのか、ただアナログ機からはデジタル機の呼出がノイズにしか聞こえないからなのか分かりませんが最近のデジタル機は進んだのかな?と2メーカーのサイトを確認。

ICOMはID-51が機種名そのままでリニューアルしたものが出ていました。Bluetoothが無いのでけーブル接続になりますがAndroidと連携して画像やテキストの通信ができるようになりました。
製品紹介には書いてませんが他のページを見るとどうもID-31も画像とテキストの通信ができるみたい。ということはAndroidアプリ側が通信ケーブルに対応したと見たほうがよさそうですが、この辺の詳しいところはメーカーに直接聞いた方が確実ですね。

https://www.icom.co.jp/products/amateur/products/digital/

iOSアプリも出して欲しいところですがLightningケーブルでの通信対応はもっとコストが掛かりそうなのでハンディ機にBluetoothが載る方に期待しています。期待できなかればZenFone5が使えるか確認して導入かな。

http://www.icomdirect.jp/SHOP/OPC-2350LU.html

八重洲無線はFT2Dの噂があるだけで特に新着情報は無し。

デジタル変調についてWikipediaをみたところD-STARのDVモードはGMSKでYaesuのC4FMはFSKのようです。なのでデジタル符号化してるもののパケット通信ではないので音声(電話)、テキスト(電信)、画像という解釈なのかな。APRS等のGPS情報はパケット通信なのでデータという事みたいですが、VoIPは一体どんなケースで使用するのだろう?直接音声パケットを出しているRigあるのかな?

追記:
総務省のQ&AにVoIP区分に関する内容がありました。
WIRES-II、EchoLink、eQSO、IRLPが該当すると言うことで、そう言えばYaesuはWIRES使えたなと思い出しました。WIRESは使う予定が無いのでWIRES呼出ボタンは温度・気圧・高度表示に割り当ててますw

http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/siyoukubetu/