Apple Special Event 2018 の感想

iOS 12 対応機種のスペック表に3機種を追加したのでトップメニューより確認ください。

iPhone に関しては噂通りの内容というか画像や機種名まで同じだったので情報がリークしていたようですね。

3機種とも Face ID 機だったので普段マスクが必要な人やフルフェイスのライダーには残念でした。 Touch ID をホームボタン以外で使えるようにするか声紋や虹彩など他の認証を実装して欲しかった。

また、廉価版の iPhone XR は XS より外形が大きいのに解像度が低い。 XS Max と合わせさらに解像度の種類が2つ増えたのでレイアウトに苦労しそうです。

充電については3機種とも Qi 対応でケーブルは Lightning のままです。 Lightning の方がスリムだし廉価版も Qi 対応となるとアップルは携帯端末については USB-C をスキップして無線充電で統一するのかもしれない。端末の防水性能を考えたらその可能性が高い。

新 iPhone を買うかどうかについては今年も遠慮しようかな。やっぱり Face ID 以外の生体認証が必要です。例えば Mac みたいにペアリングしている Apple Watch を装着してたら OK とはいかないものか。

Apple Watch といえば心電図測定ができるようになったのがすごい。映像からは光学センサーの周りに金属の輪のようなものがあったのであれが「電気心拍センサー」なのかもしれない。

セルラーモデルは今回も3キャリ限定だったので買い換えるとしたらGPSモデルですね。初代 Watch がボロボロなので買い替えどきかも。

Xcode9でiPhone Xのシミュレート

9月20日にXcode9が公開されていましたが、確か3GB超えだったかな大容量でダウンロードに時間がかかったのと、その他アップデート祭り状態なのでやっと起動してみた状態です。

毎回、アップデートのたびにシミュレータの確認はするのですが、今回は端末の種類が細分化されていて驚きました。これは画面解像度以外の機能の差をシミュレートできるようになったということでしょうか?

iPad Pro 12.9が世代ごとに用意されていて細かいなと思いました。
それでも iPad mini 2〜4 や iPod Touch がはぶられているのは、意味深ですね。

シミュレータについては、従来機種も含め数年ぶりに額縁が復活していました。おそらく iPhone X のディスプレイが長方形でないことで正確な画面イメージを確認するために額縁が必要になったと推測しています。