各言語のtrue/false

これは興味深いです。C言語は単純なので分かりやすいですが、PHPでは微妙に独自ルールがあるなぁ~と思っていたのでこういう表があるとわかりやすいですね。この結果から言えることは「真偽の判定式は面倒でも明示的にtrue/falseに収束するように書くように」ってところかな。今までもPHP等でif($obj)みたいなコードがバグの原因となっていたケースをよく発見していたので、変数が定義済かどうか真偽の二値に収束しているかしっかり書くように勧めたいと思います。

特にPHPは変数宣言を用意してない癖に値の型はC言語以上に細かいので条件に利用するときは面倒なこともあります。0(数値)とfalse(偽)とNULLとEMPTY(空文字列)とUndefined(未定義)のどれがやってくるかわからない場合の判別とか。

各言語におけるtrue/falseまとめ – 床のトルストイ、ゲイとするとのこと
http://d.hatena.ne.jp/mirakui/20090604/truefalse

ApacheModuleの作り方

C言語のCGIは速いと思っていましたが実は遅かったんですね。Servletみたいにプログラムがメモリに常駐されていればディスクアクセスが発生するCGIに勝ち目は無いのか・・・でもFastCGI組み込んだらどうなんだろ?

以下の記事はCGIをC言語で作るというより、Apacheモジュールの作り方に重点を置いています。Webシステムのモジュールをバイナリ形式で配布する際にとても参考になりそうです。

ApacheModuleでWebアプリケーションをつくろう:CodeZine
http://codezine.jp/a/article/aid/2502.aspx

Core吐かせてみよう

今日はトンデモな実験。というかここ数年Core吐かせてないのでデバッグ用にわざと吐かせてみた。

#include
int main(){
int i=0;int j=1;int k=0;
printf(“i=%d,j=%dn”,i,j);
k=j/i;
printf(“k=%dn”,k);
return 0;
}

コンパイル
> gcc -o fault fault.c

実行
> ./fault
i=0,j=1
Floating exception (core dumped)

まぁ酷いプログラムです。
実行すればたちまち0除算が原因でcoreを吐きます。
今までWindowsも含めてコアダンプを利用した解析なぞやったこと無かったので、バイナリエディタで開く…。全く読めない。そこで調べていたらgdbコマンドを使えば直ぐにわかるという。これがあれば解析のためにガリガリファイルにログを書き出さなくていいかもです。

まずは試しに実行。(実行ファイル名はfaultでコアダンプはfault.coreです)

> gdb fault fault.core
#0 0x0804854e in main ()

main関数でダウンしたことがわかります。

今度はデバッグモードでコンパイル(特に再実行してコアを更新する必要はなさそうです)
> gcc -g -o fault fault.c
> gdb fault fault.core
#0 0x0804854e in main () at fault.c:8
8 k=j/i;

なるほど、fault.cの8行目で停止したことがわかります。