無線LANについてdmesgで見ると

今までも出ていたようなので気にしなかったのですが接続するときに下記のようなメッセージが出ています。

Error for wireless request “Set Mode” (8B06) :
SET failed on device eth1 ; Operation not supported.
Error for wireless request “Set Frequency” (8B04) :
SET failed on device eth1 ; Device or resource busy.

いったい何なのかググってみるとdmesgで確認したら?といった感じで(英語サイト)あったのでdmesgをとってみたら驚愕。
eth0: Hardware identity 8013:0000:0001:0000
eth0: Station identity 001f:0006:0001:0003
eth0: Firmware determined as Intersil 1.3.6
eth0: Ad-hoc demo mode supported
eth0: IEEE standard IBSS ad-hoc mode supported
eth0: WEP supported, 104-bit key
eth0: MAC address (ここに無線LANのMACアドレス)
eth0: Station name “Prism I”
eth0: ready
eth0: orinoco_pci at 0000:02:05.0
ADDRCONF(NETDEV_UP): eth0: link is not ready
ADDRCONF(NETDEV_UP): eth0: link is not ready
e100: eth0: e100_watchdog: link up, 100Mbps, full-duplex
ADDRCONF(NETDEV_CHANGE): eth0: link becomes ready
eth0: no IPv6 routers present

e100: eth1: e100_probe: addr 0xc0200000, irq 11, MAC addr (有線LANのMACアドレス)
ADDRCONF(NETDEV_UP): eth1: link is not ready
eth1: New link status: Connected (0001)
ADDRCONF(NETDEV_CHANGE): eth1: link becomes ready
eth1: no IPv6 routers present
eth1: Error -110 disabling MAC port

本来有線LANのはず、というか有線LANとして利用できているeth0に無線LANの設定が書かれていて、無線LANになるはずのeth1は有線LANのMACアドレスが書かれている。どーゆことですか?これ orz…

無線LANのカーネルモジュールはif_wi.ko

# kldstat
Id Refs Address Size Name
1 7 0xc0400000 6f6544 kernel
2 1 0xc0af7000 59f20 acpi.ko
3 1 0xc3fad000 16000 linux.ko

もしかして、一昨日ndisドライバの組み込みに失敗してコア吐いたのはif_wiが入ってないから?
まだまだ試す余地はありそうだ。(でも内蔵無線LAN計画も進めたい)

と思ってカーネルにロードしようとしたら
# kldload if_wi
kldload: can’t load if_wi: File exists
既にある見たい。

おまけ:
折角なんでサウンドドライバをロード
# kldload snd_driver

無線LANを使いたいのだが…

引き続きクライアントFreeBSDの設定。
こちらは無線LANに対応させたいのですがPlanexのGW-NS54Gを使おうとしたがドライバがない。
この場合WindowsドライバーがNDIS準拠であればラッパーを作成して使えるらしい。

早速最新ドライバーをダウンロードして必要ファイルを抜き出し下記コマンドを実行しました。
# ndiscvt -s N54GNDS.sys -i N54GNDS.inf -o ndis_driver_data.h
Segmentation fault (core dumped)

…………………………。コアダンプですか。N54GNDS.inf内ではN54GNDS.SYSと書いていたのでsysファイル名を変えて再チャレンジ
# cp N54GNDS.sys N54GNDS.SYS
# ndiscvt -s N54GNDS.SYS -i N54GNDS.inf -o ndis_driver_data.h
Segmentation fault (core dumped)

だめだ…。
別のバージョンのドライバーなら使えるかなー?(用意した最新はVer.1.1)
いまさら11MBPSなんて買いたくないし、一応X24にはCFがあるのでzaurusと共用で使うという手もありますがZaurus用のCF無線LANは故障で廃棄。CFタイプは結構高いしまた買うのも…。

他の古い3バージョンでも他のサーバのFreeBSD(バージョンは同じ6.2)でも全部コアダンプでした。orz
PCMCIAの11Mは探すのも大変だしZaurusと兼用ということでCF無線LANカード買うしかないのか。