PostgreSQLへC言語で接続する

MySQLが一段落したので今度はPostgreSQLへ接続してみます。

ソースファイルはこちら(C言語)
pg20060521-1

PostgreSQLとMySQLでは値の取り出し方法が違うみたいですね。C++でクラス化する際には共通のほ方法で利用できるように考慮したほうが良いですね。(DBI使ったほうが早いとか置いといて)

もうひとつ重大な問題がこのソースにはあります。SELECTで*を指定しておいて取り出し時に何番目というやり方で行っていること。つまりテーブルのフィールドに追加変更があった場合にプログラムが動かなくなってしまう危険があります。単にSELECTで*を使わなければ良いのですがそれでも要素名でアクセスできないのは可読性に影響します。

C++版は以上を考慮に入れてMySQL版と移植性の高いものを作ってみます。

MySQLをC言語から使う

PerlやPHPからではDBIや内蔵ライブラリ任せで良いのですが、C言語では直接MySQLのライブラリを使用します。

まずは、必要なヘッダやライブラリがどこにあるかを調べる。
# find / -name mysql.h
/usr/local/src/mysql-5.0.18/include/mysql.h
/usr/local/mysql/include/mysql/mysql.h

# find / -name libmysqlclient.so
/usr/local/src/mysql-5.0.18/libmysql/.libs/libmysqlclient.so
/usr/local/mysql/lib/mysql/libmysqlclient.so

# find / -name libmysqlclient.a
/usr/local/src/mysql-5.0.18/libmysql/.libs/libmysqlclient.a
/usr/local/mysql/lib/mysql/libmysqlclient.a

コンパイル・リンク時に-Iや-Lで指定が必要になります。
# gcc -c -I /usr/local/mysql/include/mysql/ myclient.c
# gcc -o myclient -L /usr/local/mysql/lib/mysql/ -l mysqlclient

一気にやるならこっち
# gcc -o myclient
-I /usr/local/mysql/include/mysql/
-L /usr/local/mysql/lib/mysql/
-l mysqlclient
myclient.c

実際のプログラムに関してはメルマガで紹介しますが、Linuxの場合出来上がったプログラムを使用する際に/usr/local/mysql/lib/mysql/をldconfigで登録しないとだめだったので動的リンクだったかも。
FreeBSDにも同じコマンドがあるのでメルマガ発行前にもう一度検証してみます。