Category Archives: Mac

expectでssh自動接続

実はMacのネタですがLinux枠でw

普段使うノートがMacになったので急に障害連絡が来た時にメンテ可能な端末はMacしかない。でもBSDベースなので親和性が高く楽にできると何もせず構えてたら結構面倒だったw
これまではTeratermのマクロを準備していて例えば10台のサーバに一気にログインする必要があったりするときマクロファイルをダブルクリックでガンガンログインしていたのだが、MacにはTeratermないし同様の機能をどうするかなっと検索。
#!/usr/bin/expect
set timeout 1
spawn ssh root@192.168.56.101
expect “password: “
send “111111n”
expect “[.*]$ “
send “ls -ln”
expect “[.*]$ “
interact
結論としてexpectを利用してsshと対話してしまえば良い事が分かった。これならLinux上でもそのまま使える。但し二段階ログインした上でその先での操作が出来るかどうかについては確認していないが無理そうな気がする。
これはシェルスクリプトな感覚で作成します。違いは一行目にshではなくexpectを定義している点とその後のコマンド送信がteratermマクロっぽい感じになっていること(多分expectの方が先だと思いますがw)
spawnの行でsshコマンドを書き秘密鍵を利用するならここにオプションも一緒に書けば良いと思う(秘密鍵を使う場合はパスワード暗記しているケースが多いのでexpectの世話にはなり難いと思うが)
expectは待ち受ける文字列、ここではpassword: とプロンプトを待っている記述がある。
そしてsendがターミナルに送信するコマンドです。
最後のinteractはログインしたままの状態で終了するおまじない。これが無いとSSH接続を終了するので用途によって付けたり付けなかったりします。

ブラウザを強制リロードしようとしてVoiceOverを起動する

Windowsとのショートカットの違いは大体ですが、ctrl→commandで行けると思っています。ただ強制リロードするときに間違ってcommand+F5なんて押してしまってVoiceOverが立ち上がるとすごく焦ります。。。多分今後も失敗するので、システム環境設定→キーボード→ユニバーサルアクセスと選んでショートカットキーを無効にしましたw

Macフリーソフト

これまでいれたフリーソフトの一覧

・Xcode
iPhoneアプリをつくってみたいので。
・Google Chrome
Chrome使いなので
・Google 日本語変換
予測変換が凄い!
・Open Office
MS Ofiiceを買わなかったので一応
・Dropbox
他のPCやiPod touchとの連携に必要
・Evernote
上記に同じ
・Inkscape
電子書籍作成用
・NetBeans
PHPアプリ開発用
・Sigil
電子書籍作成用
・AppCleaner
アプリ削除支援
mi(テキストエディタ)
JellyfiSSH(SSH接続情報管理)
Cyberduck(SFTP)
CotEditor(テキストエディタ)
とこんなところです。
AppStoreでいれたものはまた後日。

Apple製品を未だ買っていない理由

昔のマッキントッシュとかはよく致命的なフリーズを起していたし、iPodも大したことないなーと思っていましたが、OS XとiPod touch/iPhoneの登場で技術的にも凄くてクールだなっと思い欲しい物リストに入るのですが未だに買っていない。その理由を考えたらこうなった。

  • Macを買わない理由
    デスクトップはWindows機も含めて買う気ないし、ノートも持ち歩くには重いかな。でも一番の理由はゲーム機としても使う時はやっぱりWindowsがイイ!と思うから。
  • iPhoneを買わない理由
    キャリアがバンクなんで契約なんて論外。
  • iPad/iPod touchを買わない理由
    Androidの対抗機も気になるので一部様子見というのもありますが、単体で使える端末じゃないのが辛い。iTunes利用者でもないので接続するPCを用意してiTunesを入れるというのをしたくない。