Category Archives: インターネット

WordPressにzipファイルをアップできなくなっている件

Safariからzipファイルを自動解凍しないようにしましたが、今度はzipファイルがアップロードができない。旧ブログで再アップもできないのでいつかのバージョンアップの際、禁止されたのかな。

この件については、あまりWordPressに変更を加えてメンテナンスの手間を増やしたくないので、サーバの余剰領域を使ったアーカイブサイトを検討します。

WordPress側で対処する方法については下記のページで紹介されています。

【WordPress】セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。

GMailを二段階認証に換えたらiCalの同期とAppleTVのYoutubeが見れなくなった時の対処法

先日のHeart breed騒ぎでGMailのパスワード変更は行ったほうが良さ気だったのでついでに二段階認証を導入してみたのですがちょっと困ったことに、iCalでカレンダーの同期エラー、AppleTVでYoutubeのログインエラーとなってしまいました。この2つはに段階認証に対応していないようです。

この場合の対処方法ですが、Googleでは二段階認証に対応していないアプリ向けにワンタイムパスワードによる認証を提供しています。2stepauth1

 

Googleアカウントのセキュリティの項目に「アプリ パスワード」がありますのでこの項目の設定をクリックします。

途中、パスワードの再確認の画面がでますがここはGMailのパスワードを入れて進みます。

2stepauth2上の画像と同じページが見えたら、名前欄に自分で分かるように適切な名称を入力して「パスワードを生成」をクリックします。

この次のページに出てきたパスワードをAppleTV上でYoutubeのパスワードとして入力し認証完了することで使えるようになります。

iCalに関してはAndroidからiPhoneに機種変後Googleカレンダーに予定を入れてなかったので同期をやめました。

 

 

GMailで指定時刻にメール送信する方法

前々から欲しかった機能ですがスプレッドシートのマクロで実現している方法を見つけましたのでほぼ転載ですが紹介します。

1.Gmail Schedulerシートのコピーを取得

ここをクリック

2.タイムゾーンの設定

Gmail Schedulerシートを開いている状態で、シート上部にあるメニューの[ファイル]ー[スプレッドシートの設定]をクリック

3.シート上部にある「Gmail Scheduler」→「Step 1: Authorize」をクリックしてスクリプトを承認させる。

4.再度「Gmail Scheduler」→「Step 2: Fetch Messages」を選択して、下書きをインポート。

5.Dカラムに送信する日付と時刻を設定。

6.「Gmail Scheduler」→「Step 3: Schedule Messages」を選択すれば予約完了です。送信予約されたら、「Status」の欄に「Scheduled」と表示されます。

参考:
送ることが分かっているなら。「Googleスプレッドシート」を使ってGmailを予約送信する方法 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2014/04/140410gmail_scheduling.html

WordPressの子テーマを作成しAdsenseを貼る

今まで直接テーマを書き換えていたためかテーマ更新の度に同じ作業をしていたので、面倒だなと思いつつ何か良い方法が無いか調べたところ今更ですが子テーマを作って継承するという方法を見つけました。

今回このブログで行った手順を説明します。(パーミッションの変更とかの細かいところは省略しました。その辺はサーバー環境に合わせて調整して下さい)

子テーマ作成の仕様についてはここでは省略しますので、仕様についてはこちらを参考にしてください。子テーマ – WordPress Codex 日本語版

  1. テーマのディレクトリに移動して子テーマのディレクトリを作成する
    例として小テーマのディレクトリをkidにしました
    # cd /var/www/htdocs/wp-content/themes/
    # mkdir kid
  2. style.cssを作成する
    # cd kid
    # vi style.css
    中身はこんな感じ(親テーマをtwentytenにしています)
    @charset “utf-8”;
    /*
    Theme Name: kid
    Theme URI: http: //example.com/
    Description: Twenty Ten theme の子テーマ
    Author: Anonymous
    Author URI: http: //example.com/about/
    Template: twentyten
    Version: 0.1.0
    */
    @import url(‘../twentyten/style.css’);ここで大事なのはTemplateの部分とimport urlの部分です。ここを間違えるとうまく継承できません。また親テーマと違うスタイルにする場合はこのファイルに追記します。
  3. 編集するテンプレートを親テーマからコピーする
    メニュー下とトップの記事のループそして個別ページの記事の下の部分に広告を付け加えるため以下3つをコピーしました。メニューはheader.php、トップの記事はloop.php、個別ページの記事はloop-single.phpです。
    cp -p ../twentyten/header.php ./
    cp -p ../twentyten/loop.php ./
    cp -p ../twentyten/loop-single.php ./
  4. Adsense用に編集する
    WordPressで有効にする為、管理画面のインストールされているテーマでリストから有効にする。
    それぞれのテンプレートにAdsenseのコードを追記します。
    例では
    メニュー下のテキスト広告 header.php </div><!– #access –>の次
    記事ループ中広告 loop.php 一番下の</div><!– #nav-below –>の手前
    個別ページ広告 loop-single.php </div><!– #nav-below –>の次
    にしました。
    あとはブログのテーマを子テーマに変更して終了です。

追記:サイドメニューの広告はウィジェットのテキストで直接Adsenseコードを貼り付けるだけで出来ます。テーマの編集は不要でした。

リアルな架空のダミー個人情報

オプトインメールのシステムやCRM等の開発時や更新時にはテストの為にダミーの個人情報が必要になりますが、開発会社側で用意するのも大変で顧客に問い合わせると、バックアップされている既存システムの顧客データを渡されたりと個人情報の取り扱いが大変なことが多いのですが、こういったダミーデータ集あると安全にテスト運用ができますね。People to People Communicationsから公開されたデータは一応商用利用はダメみたいですが無償でダウンロードできるみたいです。

People to People Communications(川崎市)は11月25日、統計データを元に作成した「疑似個人情報」の無償提供を始めた。非営利目的に限り、1人3000件まで無料でダウンロードできる。

プレスリリース:『疑似個人情報』の無償提供を開始 | People to People Communications 株式会社
http://www.ptpc.co.jp/release/081125.html

本物そっくり「疑似個人情報」を無償提供 – ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/26/news012.html

 

ブラウザからSubversionのリポジトリ管理できるツール「USVN」

先日発売したばかりのTracの本も購入したので再度FreeBSDにSubversionとTracをインストールしようと考えている最中ですが、ブラウザ上でリボジトリ管理できる「USVN」といツールが紹介されていました。まだすぐに使う準備はできていないのですが、これTortoiseSVNの代わりに使えたらSubversionの導入がずっと楽になりそうな気がします。

moongift » ブラウザベースのSubversion管理ツール「USVN」オープンソースを毎日紹介
http://www.moongift.jp/2008/05/usvn/

初音ミク消失騒動

昨日の騒動は同時多発のためネット界隈では陰謀論で騒いでいますが、いろいろな意味で考えさせらる事件だと思います。

・第三者による著作権の権利行使
これはWikipediaで著作権違反によるページ削除が行われたが、販売元のクリプトン社によると「削除依頼は出していない」ということ、さらにブログ中で転載の許可を明言したことで、現在でも発生している削除依頼は第三者によってしつこく行われていることが判明。また依頼主の本人確認や内容の検証そして著作物に関するポリシーやGFDLの要求などWikipedia側の問題点も出てきた。
販売元が転載を認めている以上、削除要求を出し続けている第三者は悪意でやっているとして陰謀論が起こる。
これは「著作権の非親告罪化」によって起こされる著作権者や著作物利用者への権利侵害事件の例として考慮すべき点だと思います。

・情報共有とリスク
最近はWeb2.0(なぜかネット界隈の外側の人の方がよくこの単語を使う)とかでサイト同士でのデータ共有・交換により、どのポータルサイトでも同じような検索結果やコンテンツを得ることが出来るようになりましたが、グーグル八分の影響が思ったより広範囲という事を認識しました。
検索エンジンからの消失に関してはまだ原因が分かってないのかな?これはシステムの脆弱性なのか、Wikipediaとのシステム的な絡みはあるのか?そして人手による削除行為は行われたかどうか?メディアによる情報操作・中国よりも酷い言論封鎖とこちらも陰謀論がすごいです。先日もTVでの特集で変更報道騒ぎになったばかりなので陰謀論の矛先がそっちの方に向いていますが…
とにかく検索エンジンのトラブルについては原因をはっきりして欲しいところですね。

初音ミク – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF

「初音ミク」Wikipedia項目削除依頼が上がっている件に関してメディアファージ事業部 ブログ
http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/10/wikipedia.html

「初音ミク」の画像検索結果消滅について各検索エンジンに電話してみた – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071018_vocaloid2_image_tel/

「初音ミク」の画像が検索できない~発売元は「削除は依頼していない」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/18/17223.html

“消えた初音ミク”問題 ヤフーとGoogle「原因を調査中」 – ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news065.html

初音ミク騒動とWikipedia – 見ろ!Zがゴミのようだ!
http://d.hatena.ne.jp/torin/20071018#1192712174

たけくまメモ 「初音ミク」事件について
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_e716.html

fladdict.net blog 初音ミク失踪騒動に騙されるな、あれは陽動作戦
http://fladdict.net/blog/2007/10/post_99.html